大型犬のしつけは、簡単にできますよ。

犬のトラブルでよく寄せられるのが、

 

他の人や犬に対して噛んでしまった。

 

と言うケース。

 

 

まれに、特定の犬種(土佐犬・シェパード・ドーベルマンなど)
が人や他犬に危害を加えてしまったことが
ニュースなどで報じられることがあります。

 

しかし、公にされるケースは珍しく
ほとんどの場合、当事者同士で
金銭で解決することが多いようです。

 

 

内訳としては、

 

傷の治療にかかった費用と慰謝料

 

となっており、値段の曖昧な
慰謝料についてはケースバイケース。

 

 

万が一、噛んでしまった相手のわんちゃんが
亡くなってしまった場合は、相手の飼い主さんの
心情はお察ししますが、法律上は

 

犬は、飼い主さんの所有物

 

となっているため、
損害賠償(モノとして)
として定義されています。

 

 

最近は、ペット保険の中にも
こういったトラブルに備える特約
を設定されている商品もあるので、

 

 

もしかしたら、そういう可能性もあるかも・・・

 

と心配であれば、しつけができるまで
加入しておくと安心です。

 

 

----------------------------------------------------------------------------

 

特約で損害賠償保険があっておススメ!