大型犬のしつけは、簡単にできますよ。

犬のお散歩のしつけ(引っ張る)

愛犬と散歩していて困ることと言えば、引っ張り癖ですね。

 

このお悩みで相談に来られる方は、
力も強い中型以上の大型犬の飼い主さんが目立ちます。

 

これは、中型犬〜大型犬が引っ張る傾向が強い。
ということではなく、単に体格差によるもので、
引っ張ることが困るか、困らないか?問題につながるかどうか?
しつけするかしないかの判断基準になっている傾向が強いです。

 

小型犬であれば、引っ張っても制御できますが、
運動神経抜群で、筋肉の発達した犬ならば
人間と体重差があってもその力はすごいです。

 

50kgの体重の人間でも、30kgの大型犬に引きずられることがあり、
転倒による怪我や道路への飛び出しなど気をつけましょう。

 

 

まずは、引っ張るときは、どんなシーンなのか?を
思い返していただければ、対処しやすいかと思います。

 

どんな場所で起こりやすいのか?

 

どんな状況で起こりやすいのか?

 

何か前兆がないか?

 

など、例えば、他の犬と合ったとき、知り合いにあったら、
猫を見つけたときなどですね。

 

お散歩中に、気が抜けないのは大変かもしれませんが、
そういった原因と前兆がわかれば、そのシーンに合わせて
適切なしつけに取り組まれることで改善していきます。

犬の自転車引きでのお散歩について

大型犬で散歩量が必要

 

とされている犬種では、
自転車引きでの散歩を
されている方もとても多いです。

 

 

人間にとっても楽ですし、
時間が短くても運動量を確保することができます。

 

 

しかし、突然のできごと
(急な飛び出し、飛びつき)
が起こった場合に

 

しっかりとコマンド(指示)
に従うことができるしつけが必要です。

 

 

事故防止のためにも
訓練をしっかりと行いましょう。