犬のしつけは、簡単にできますよ。

冒頭でも、少し触れたように、
今やペットビジネスという言葉があるように、
わんちゃんはビジネスの対象として見られています。

 

 

そこで意識されるのは、

 

犬目線の方法ではなく、
飼い主さんがどう感じるか?

 

 

飼い主さんは、愛犬がかわいいし
たくさんかわいがってあげたいですよね?

 

褒めちぎってしつけたら気分は良いです。
でも、わんちゃんには言葉の100%は通じませんし、
逆にストレスになっているとしたらどうしますか?

 

 

犬のしつけは難しい
しつける年齢が遅いとしつけは難しい

 

こういった考えも間違って広まってしまった
人間の勝手な考えです。

よくわかる、犬への間違ったコマンドの出し方

わんちゃんは、単語などは覚えてくれますから、
コマンドを出すことでしつけします。

 

しかし、ほとんどの飼い主さんがしゃべり過ぎて
逆にわんちゃんにストレスを与えてしまっているケースが多いです。

 

 

例えば、

飼い主さん「○○ちゃん、おりこう、賢いね〜、お座り」

 

わん「飼い主さんが何か言ってる、
   でもなんだか言葉がたくさんすぎてわからないよぉー。」

しつけに取組んでいるのに
なかなか良くならない、効果がないなら
こんな状態かもしれません。

 

 

あなたが、わんちゃんのことを理解したくても
できなくてストレスを感じるように、

 

わんちゃんも飼い主さんの言っていることを
理解できなくてイライラしている可能性があります。

 

 

飼い主さんとしては、
「吠えないように言ったのに
吠えるのを辞めないから怒った。」

 

としても、

 

わんちゃんからしてみたら
「意味がわからないけど
なんだかよく怒られる。」

 

これって、ストレス溜まりますよねw。

 

 

こういったケースでは、
飼い主さんがいろいろしゃべり過ぎて

 

飼い主さんの言葉がただのスピーカー

 

のように聞こえてしまっている可能性が高いです。

 

 

特に大型犬ならば、かなりの知能指数があり
理解しやすいように伝えることで

 

とても困っていた行動も
あっさりと改善することが良くあります。